3倍速論証読み込み講座

スポンサーサイト

にほんブログ村 資格ブログ 司法試験へこのエントリーをはてなブックマークに追加




上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


目次ページへ

↓ポチっとクリックお願い致します♫
にほんブログ村 資格ブログ 司法試験へ


応援ありがとうございます。
面白い記事、参考になる記事が書けるよう、努力いたします。

新司法試験合格戦略~択一対策の重要性~part2

にほんブログ村 資格ブログ 司法試験へこのエントリーをはてなブックマークに追加




1、択一での高得点は、総合得点で大きなアドバンテージとなる

⑴前提
これらを考える上で重要なことがある。
それは、論文の点数は偏差値、択一の点数は素点だということだ。
偏差値だと、素点よりも、差が開いたり、狭まったりするらしい。
要するに、不安定だということだろう。
※偏差値に詳しい方がいたら教えて下さい。

⑵択一の点数は、論文1科目(not公法but憲法)と同じ比重
この項目に関してはbokubenさんの記事が詳しいので引用させていただきます。
ありがとうございます。

[割合]
短答の1点(点数操作前):論文の1点(点数操作前)
 ↓
【点数操作】
 ↓
総合0.5点:総合1.75点=1:3.5

短答:論文=175点:1400点=1:8
平成20年度までは1:4だった択一の点数配分は,平成21年度の司法試験より1:8になっています。

短答:選択科目(論):刑事系(論):公法系(論):民事系(論)
=175点:175点:350点:350点:525点
=1:1:2:2:3
※(論)=論文

総合点において,選択科目や刑法,刑訴,憲法等の各科目と同じ点数配分があります。
このことから,択一=選択科目の1つ,としてその地位を捉えている人も多いようです。


これに、論文が偏差値、択一が素点という要素を加味するならば、択一と論文一科目は同じ比重だと考えて良いだろう。
(注, 偏差値について理解しきれていないので、分析しきれていません)


⑶択一で280点とれば、276人を抜いて合格できる
先輩の話や先輩ブロガーの記事によると、それなりに勉強している人が落ちる場合、僅差で落ちることが多いように思う。

そこで、僅差で落ちた人が、択一の点数だけで、何点取れていれば受かったのかを考える。
その人の点数は、平成22年新司法試験の択一合格者平均点(248点)として考える。

まず、平成22年新司法試験の結果によると、
総合得点が、
?)775点の人は、2074位
?)760点の人は、2350人位
?)750点の人は、2561人位

?)ー?)=15点、276人
択一の点数は、1/2に調整されるので、15点という点数を2倍にする(30点)。
落ちた時の択一の点数が248点なので、択一が278点だと、276人を抜いて合格できたことになる。

?)ー?)=25点、478人
択一で298点とれれば、478人を抜いて合格できる。

違う角度からみると…
総合2155位で落ちた人は、択一258点だったら合格できていた。

2263位なら268点、
2350位なら278点、
2561位なら298点、
を取れたら合格できていたのだ。


⑷論文でのミスをカバーできる
まず、論文の点数を、全部2000位を取れる点数と仮定する。
合計点は、378点で、1829位である。
この点数は、択一が228点でも合格できる点数である。

次に、択一を280点と仮定する。
上記択一合格点よりも52点のアドバンテージがある。
これを得点調整比率で論文の点数にに引き直す。
すると、約15点のアドバンテージになる。

つまり、全科目2000位を取れる論文答案を書ける人は、択一で280点をとれば、論文の点数で15点分ミスできるわけである。
この15点というのは意外とでかい!
例えば、憲法が苦手な人がいたとしよう。
択一が280点なら、憲法が32/100点でも受かるのだ!
これってすごくない??

ちなみに、択一が300点だと、論文で20点アドバンテージがあり、憲法が27/100点でも受かる。
選択科目をほとんどやっていなくても、27点取れれば、受かるんだ。

⑸まとめ
・択一が280点なら…
合否ぎりぎりラインで、276人を抜いて合格できる。
一科目、偏差値32の残念答案を出しても、合格できる。

・択一が300点なら…
合否ぎりぎりラインで、478人を抜いて合格できる。
一科目、偏差値27の残念答案を出しても、合格できる。

択一の点数は重要なのだ!

関連記事


目次ページへ

↓ポチっとクリックお願い致します♫
にほんブログ村 資格ブログ 司法試験へ


応援ありがとうございます。
面白い記事、参考になる記事が書けるよう、努力いたします。

コメントの投稿

Secret

相互リンク募集中!
相互リンクしていただける方は、コメント(非公開も可)下さい。
このblogはリンクフリーです
プロフィール

Author:devilsadvocate(弁護士 若林 翔)
・平成23年新司法試験不合格(2300位)
・平成24年司法試験でリベンジできていることを願っていた
・同年司法試験合格
・66期司法修習生
・弁護士(東京都新宿区)
・選択科目は国際私法
・慶應LS(既習)卒業(2011年)

【速読】
SP速読学院で速読やってます。復習速度は速くなりました。
無料体験、お勧めです♫

SP式法律/資格試験速読


速読ブログ始めました。
速読勉強法模索ブログ~速読マスターへの道~


【twitter】
フォローしてくれたら泣いて喜びます♫

↓ Let'sクリック&フォロー
Twitter Button from twitbuttons.com

右下に「つぶやき」を掲載中

お酒と共に楽しい一年間を過ごした結果、勉強がおろそかに…。
そこで、今年一年間は勉強すると決意。
その記録をこのブログに綴ろうと思う。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
おすすめ、勉強法関連の本
スポンサードリンク
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSリンクの表示
おすすめ、使用教材!
おすすめ!ブログ
傭兵弁護士のお茶目な法律相談ブログ 〜和解してやる!〜
僕の弁護士ブログですね。超おすすめです。息抜きにねw
新・単なる勉強記録
(新試2位の方)
masoブロ
(上位合格者、記事充実)
吉野勲の‘For Big Step’
(伊藤塾講師、情報満載)
ボクのべんきょう日記
(すばらしい企画満載!my respect)
新司法試験ブログ検索
&応援
↓バナークリック後、「司法試験」をクリック!
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 資格ブログ 司法試験へ

予備校
↓3倍速インプット講座では、新司法試験用の論証パターン(工藤講師オリジナル)が付いてる!
twitter
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
SP速読学院
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。