3倍速論証読み込み講座

スポンサーサイト

にほんブログ村 資格ブログ 司法試験へこのエントリーをはてなブックマークに追加




上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


目次ページへ

↓ポチっとクリックお願い致します♫
にほんブログ村 資格ブログ 司法試験へ


応援ありがとうございます。
面白い記事、参考になる記事が書けるよう、努力いたします。

平成24年司法試験再現答案【行政法】

にほんブログ村 資格ブログ 司法試験へこのエントリーをはてなブックマークに追加




おひさ〜♫
皆最近何してんの?


俺は同棲始めました!

男と…orz

同棲相手の友人からのメッセージ
「美人でセクスィ〜な家政婦募集中!www」


さて、本題!
平成24年司法試験再現答案【行政法】


第1、設問1
1、本件計画決定が「処分」(行政事件訴訟法(以下省略)3条2項)といえるか。
 「処分」とは、公権力の主体たる国又は公共団体の行為であって、これにより、直接国民の権利義務を形成し、又はその範囲を確定することが法律上認められているものをいう。「処分」にあたるか否かは、当該行為が個別の国民の権利義務に直接の影響をあたえるか、国民の実効的な権利救済の観点から抗告訴訟を認めることが妥当か、という観点から判断する。
2、以下、平成20年の最高裁の大法廷判決と比較しつつ、検討する。
(1) 大法廷判決は、いわゆる非完結型の事業計画決定にについて処分性を認めている。これは、以下の理由に基づく。   まず、事業計画決定がなされると計画区域内に土地を所有する者はその土地の利用を制限されるという地位に立たされ、また、その後に相当程度の確実性をもって換地処分を受ける地位に立たされる。そのため、その権利義務に直接の影響がある。
 また、換地処分がなされてから、これを争う抗告訴訟を提起したのではいわゆる事情判決(31条)がなされる可能性が高く、国民の実効的な権利救済の観点からみても、事業計画決定に処分性を認める必要がある。
(2)では、この判例の射程は本件計画決定に及ぶか。
 まず、本件計画決定はいわゆる完結型である。
 次に、本件計画決定は、告示により効力が生じ(都市計画法(以下「法」という)20条3項)、本件建築制限という効果が生じるが、これは、あたかも法が制定された場合と同様に一般的抽象的な影響であって、これのみによって処分性を肯定することはできない。
 また、本件計画決定の後には、都市計画事業認可(法59条)、土地収用(法69条)が予定されている。 もっとも、大法廷判決とは異なり、都市計画事業認可は、申請(法60条)がなされ、これが法61条の定める基準に該当する場合に都道府県知事が認可できるとされている。そうだとすれば、本件計画決定がなされたからといって、相当程度確実に都市計画事業認可がなされるとはいえない。それゆえ、個別の国民の権利義務に直接の影響をあたえる行為とはいえない。
 さらに、大法廷判決とは異なり、都市計画事業認可がなされたからといって、事情判決がなされる可能性が高いとはいえない。それゆえ、国民の実効的な権利救済の観点からは、都市計画事業認可を捉えて争えば足り、本件計画決定に処分性を認める必要は無い。また、都市計画事業認可は告示、縦覧(法62条1項、2項)が予定されており、手続的見地からみてもこれを捉えて争うことは可能である。
 よって、本件計画決定には大法廷判決の射程は及ばず、処分性は認められない。
3、以上より、本件計画決定は「処分」にあたらない。

第2、設問2
1、適法とする法律論

 計画を存続させ、変更しないことは適法か。
(1)都市計画は「変更する必要が明らか」「必要が生じたとき」に変更しなければならない(法21条1項)。都市計画については、当該都市の健全な発展等を考慮して一体的かつ総合的に定めなければならない(法13条1項柱書)ところ、土地の利用や交通等の現状のみならず、将来の見通しをも考慮して判断する必要がある。このように多方面にわたる政策的要素を考慮する必要があるため、計画変更については、決定権者の広範な裁量に委ねられる。
 それゆえ、裁量権の逸脱、濫用があった場合に限り違法となる(30条)。具体的には、判断の基礎となった重要な事実の基礎を欠く場合や、事実の評価に明白な誤りがあるなどにより判断内容が著しく不合理である場合には裁量権の逸脱濫用があるといえると考える。
(2)本件では、Q県では空洞化に歯止めをかけて街のにぎわいを取り戻すために、本件区間を整備する必要があり、これによりc地点付近の経済が活性化し、交通需要が増えることが予測される。具体的には、2030年には2010年比で約40パーセントの交通需要の増加が予測される。
 そうだとすれば、判断の基礎となった重要な事実の基礎を欠くとはいえない。
 また、本件区間を整備しないと基準道路密度を1キロメートル前後下回ることになるのであるから、計画を存続させることには合理性があり、判断内容が著しく不合理で妥当性を欠くとはいえない。
 よって、裁量権の逸脱濫用はない。
(3)したがって、計画を存続させることは適法である。
2、違法とする法律論
(1)法13条1項11号は将来の見通しをも勘案することを要請しているが、同項19号は「交通…調査の結果について配慮すること」と定めている。将来の見通しは不確実な側面もあることから、できる限り客観的な資料に基づく判断がなされるべきであると考える。
 それゆえ、「必要が生じたとき」とは、客観的な事情に照らして計画変更の必要が生じたといえる場合をいうと解するのが相当である。
(2)本件では、Q県が5年ごとに行っている調査によると、b地点とc地点の間の交通量は1990
年から漸減し、2010年までの20年間に約20パーセント減少している。また、Q県の財政事情が逼迫しているため、事業の執行は財政上困難であり、行動かに歯止めをかけて交通需要が増加するというQ県の予測は実現が困難であるといえる。
 そうだとすれば、客観的な事情に照らして計画変更の必要が生じたとはいえる。
(3)よって、「必要が生じた」といえ、計画を存続させることは違法である。

第3、設問3
 Pは、憲法29条3項に基づく損失補償請求として本件支払請求をすると考えられる(4条後段、実質的当事者訴訟)。  損失補償は、公平の見地から認められるものであるから、損失が特定人に対するものか否か、財産権の本質を侵害するほど強度なものか否かによって判断する。後者については、財産権を制約する行為の目的や態様をも考慮して判断する。
 本件建築制限は、本件区間に土地所有権を有する者という限られたものに対する制約であるから特定人に対する制約といえる。
 確かに、積極目的規定であるが、現状維持的な制約であるから、財産権の本質を侵害するほ
ど強度な制約とはいえない。
 よって、本件支払請求は認められない。
 (最後は時間不足のためごちゃごちゃ)

以上(2520字)

【平成24年司法試験】初日の感想(再現答案構成公法)

2013年合格目標:司法試験短答・論文スタンダードコース(選択科目つき)




行政判例ノート 第2版


関連記事


目次ページへ

↓ポチっとクリックお願い致します♫
にほんブログ村 資格ブログ 司法試験へ


応援ありがとうございます。
面白い記事、参考になる記事が書けるよう、努力いたします。

コメントの投稿

Secret

この流れのある論述はオラオララッシュ炸裂してるね

ルーギャー家政婦欲しいっすね。

行政法もよく書けてますね、今年は合格でしょう!

小出し焦らしプレイですか?

自分はもう精○出ちゃいました

>ルミさん

ありがとうございます♫

オラオララッシュだと良いのですが…
試験委員の先生方に無駄無駄ラッシュされないか不安ですw

>いぬさん

ルーギャー家政婦いいですね♫
でも、どっちかというと、清楚系家政婦が欲しいっすw

ありがとうございます!
試験は蓋をあけるまではわからないですからね…
そして、民法と商法ができてないという(><)

>はしもとさん

正確には、ネタ不足解消引き延ばしプレイですw

2発目イキましょう!www
相互リンク募集中!
相互リンクしていただける方は、コメント(非公開も可)下さい。
このblogはリンクフリーです
プロフィール

devilsadvocate(弁護士 若林 翔)

Author:devilsadvocate(弁護士 若林 翔)
・平成23年新司法試験不合格(2300位)
・平成24年司法試験でリベンジできていることを願っていた
・同年司法試験合格
・66期司法修習生
・弁護士(東京都新宿区)
・選択科目は国際私法
・慶應LS(既習)卒業(2011年)

【速読】
SP速読学院で速読やってます。復習速度は速くなりました。
無料体験、お勧めです♫

SP式法律/資格試験速読


速読ブログ始めました。
速読勉強法模索ブログ~速読マスターへの道~


【twitter】
フォローしてくれたら泣いて喜びます♫

↓ Let'sクリック&フォロー
Twitter Button from twitbuttons.com

右下に「つぶやき」を掲載中

お酒と共に楽しい一年間を過ごした結果、勉強がおろそかに…。
そこで、今年一年間は勉強すると決意。
その記録をこのブログに綴ろうと思う。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
おすすめ、勉強法関連の本
スポンサードリンク
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSリンクの表示
おすすめ、使用教材!
おすすめ!ブログ
傭兵弁護士のお茶目な法律相談ブログ 〜和解してやる!〜
僕の弁護士ブログですね。超おすすめです。息抜きにねw
新・単なる勉強記録
(新試2位の方)
masoブロ
(上位合格者、記事充実)
吉野勲の‘For Big Step’
(伊藤塾講師、情報満載)
ボクのべんきょう日記
(すばらしい企画満載!my respect)
新司法試験ブログ検索
&応援
↓バナークリック後、「司法試験」をクリック!
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 資格ブログ 司法試験へ

予備校
↓3倍速インプット講座では、新司法試験用の論証パターン(工藤講師オリジナル)が付いてる!
twitter
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
SP速読学院
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。