3倍速論証読み込み講座

スポンサーサイト

にほんブログ村 資格ブログ 司法試験へこのエントリーをはてなブックマークに追加




上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


目次ページへ

↓ポチっとクリックお願い致します♫
にほんブログ村 資格ブログ 司法試験へ


応援ありがとうございます。
面白い記事、参考になる記事が書けるよう、努力いたします。

新司法試験論文で書きやすいペン~ボールペンVS万年筆~

にほんブログ村 資格ブログ 司法試験へこのエントリーをはてなブックマークに追加




※追記、万年筆について、重要なコメントを頂きました。
同じ万年筆を使っていても、本番の紙との相性についての印象は人によって違うようです。
筆圧や書き方の癖なども影響するからかもしれないです。
個人的な意見としては、万年筆は、慣れると速くかつ疲れずに書けるものだと思っています。しかし、慣れるまでに時間がかかり、それまでは速く書けなかったりすると思います。実際、俺も慣れるまでの間に速く書けず、一度万年筆を挫折しました。

万年筆について、万年筆を使用していた人がいたら、コメント欄に以下の事項などについて、意見を書いていただけると嬉しいです。
①感想(速くなったor遅くなった、疲れが軽減or増大)
②本番の紙との相性
③使用している万年筆(後輩に勧めたいか否かも)


※追記情報
2011(平成23)年新司法試験情報の記事にて、再現答案のリンク(3人分)を乗せました。


今日は、試験直後にいただいたリクエストに答え、ペンについて書こうと思う。

新司法試験は、3日間で8科目(17時間)も論文を書かなければならない。
当然、後半は腕が疲れてくる。

また、書くスピードは非常に重要だ。
1枚あたり8分で書けるのならば、64分で8枚書ける。
すなわち、構成に56分も時間をかけても8枚書けるのだ。

他方で、1枚あたり12分かかるのであれば、8枚書くのに96分かかる。
公法や刑事系で8枚書きたければ、構成には24分しか時間をかけられない。

そして、疲労感や書くスピードはペンによって大きく異なってくる。
だからこそ、ペン選びは超重要なのだ!

野球選手がグローブに、ゴルファーがクラブにこだわるのと同じぐらい新司法試験受験生はペンにこだわるべきだろう。

ということで、今日は、ペン選びについて。


ペンは非常に重要な要素だが、人によって合う合わないがある。
高級万年筆を愛用する人もいる。
他方、ハイスピードできれいに書ける人でも100円の「SARASA」が一番良いという人もいる。

最終的に何を選ぶにしろ、いろいろ試してみて、自分が自信を持てるものを使うのが一番だろう。

また、紙との相性もある。
俺は、ボールペンと万年筆の両方を新司法試験の現場で試したので、そのことについても言及したいと思う。


まず、俺が使用していたペンを紹介しよう。

1、ボールペン
10種類以上は試してみた。100円のボールペンから高額ボールペン、「科学的~疲れない」などの宣伝文句のボールペン。
最終的に、一番疲れず、早く書けたのはジェットストリームインクのボールペンだった。

具体的には、2本使用していた。
まず、問題文に線を引いたり、答案構成をしたり、普段メモしたりするときは多機能ボールペン。
赤とか青も良く使うからだ。
具体的には、以下の物を使用していた。

三菱鉛筆 複合筆記具 ジェットストリーム 4&1 0.7mm ボルドー MSXE5-1000-07-65


これは、見た目もカッコ良く、オシャレ感があるし、書きやすくて愛用している。
替芯は一度に5本ずつくらい(青と緑は使用頻度が低いから2~3本)注文して、黒と赤は替芯も筆箱に入れていた。

この複合ボールペンの黒を使用して答案を書くことも多いが、答案を書く時専用には下記の物をメインで使用していた。

三菱鉛筆 ボールペン ジェットストリーム アルファゲルクリップ SXN1000071P26 シルバー


使い分ける理由は特にないw
なんとなくだ。
ボールペンが壊れることも加味して2本持っていたという程度の理由だ。
最初に紹介した複合ボールペンとインクはほぼ同じ。
持ち手の太さと固さが異なるくらい。
正直どっちでもよいが、俺はたまたま2本持っていた。

どちらか一本買うならば、赤とか青のジェットストリームもついている複合ボールペンの方がお勧めだ。
見た目も、複合の方がカッコ良い(主観)。


2、万年筆
「万年筆を使いだしてから、書くのが速くなった」こんな話を先輩や友人から何度か聞いていた。
そのため、万年筆も買って使っていた。
最初のうちは、万年筆に慣れなかったことと、慶應の期末試験の紙とは相性が悪かったことから、途中、万年筆に挫折していた。
しかし、万年筆と相性の良い紙ではもの凄い力を発揮する。
まず、疲れない。
慣れればスピードは確実に上がる。
本番の紙との相性が未知数(合うという話は聞いてはいた)だった。
そのため、後半は万年筆とボールペンを併用していた。

本番の紙と万年筆との相性だが…
抜群に良かった!
2日目の民法で万年筆を使用してみたら、相性が良すぎて、以後はずっと万年筆を使っていた。

俺が使用していたのは、以下の万年筆だ。
パイロット 万年筆 カスタム742 FKK_2000R_B ブラック


これを選んだ理由は、先輩の話や、bokubenさんなどの先輩ブロガーが勧めていたからだ。
万年筆に詳しい訳ではなく、自分では選べないから、人の評判で決めたのだ。
初めて万年筆を買うのにこの値段は高い…とは思った。
だが、安い万年筆では万年筆の良さは分からないと思い、良いものを購入したのだ。

ちなみに、上記通販では、定価よりも5,6千円安くなっている。
また、名前を入れられるのが、ちょっとシャレオツ。


さて、ペン先の太さには、いくつか種類がある。
PILOTのペン先説明ページ
俺は、Fというやつを使用していた。

Fの太さのイメージは、前述したジェットストリームのボールペン0.7mmよりは若干細いイメージだ。
だが、インクの出が良いので、調度良かった。
太めが好きな人(ボールペン1mm派の人)はFMという太さの方が良いかもしれない。

インクは、PILOTのカートリッジを使用していた。
こんなヤツ(アフィリエイトはなかったので画像写真でご勘弁)
ピクチャ 1

通販で書いたい人は、上記万年筆のリンクページの下の方にカートリッジがあります。
また、このカートリッジは、ちょっと大きな文房具屋に行けば売ってるのでご安心を。


万年筆は、紙を選ぶ。
正直、ヘボイ紙を使うとにじんで書きにくい。
そこで万年筆ってダメぢゃんと思ってはダメだ。もったいない。
新司法試験本番の紙との相性は抜群で非常に書きやすいからだ。

ちなみに、伊藤塾の答練(模試)の紙との相性も良かった。
辰巳はぼちぼち。


最後に、俺のこだわりの1品を紹介する。

これだ。
ライフ 単品 ライティングペーパー T25


紙。メモ用紙。
たった100枚で1500円。
高いわ!
しかし、これ、最高に万年筆との相性が良い紙。
しかも、このメモ用紙と万年筆を使用してメモを取ると、デキル男になった気になれる。
ちなみに、俺はメモは基本PC派なので、紙が必要なときは少なく、100枚で半年くらいはもった。

計画を立てるときや、自分の考えを書き出すとき。
授業や講演会のメモを取る時に、このセットを使っているとカッコいいw

俺と同じように形から入る人や、こだわり派の人には、万年筆を買ったら、だまされたと思って、1冊買ってみることをお勧めする。



万年筆は一度、相性の良い紙で使ってみて、良さを実感し、
その後に万年筆に慣れるために何度か使用して
慣れてきたら、虜になると思う。

万年筆のデメリットは、慣れないうちにハイスピードで書くと、字が読みずらくなること。ボールペンよりも字が崩れやすい。ただ、このデメリットは万年筆特有の書き方になれると克服される。

他方で、万年筆の一番のメリットは疲れないこと!

俺の使ってみての感想は、疲れてなければ、力を入れて手を動かせることもあり、ボールペンとスピードは良い勝負(友人では万年筆にしただけで書ける答案の枚数が1枚増えたという人もいた)。
しかし、疲労感は圧倒的に違う!
ボールペンに比して、万年筆は圧倒的に疲れない。
これは、長丁場で疲労との闘いが重要な新司法試験では武器になる!

最終的には自分に合うペンを使えば良いと思う。
しかし、万年筆は一度は試してみるべきだと思う。


上記で紹介した他にも、いろいろと万年筆はあるようで…。
検索、購入は下記サイトからどうぞ♫




関連記事


目次ページへ

↓ポチっとクリックお願い致します♫
にほんブログ村 資格ブログ 司法試験へ


応援ありがとうございます。
面白い記事、参考になる記事が書けるよう、努力いたします。

コメントの投稿

Secret

はじめまして。

万年筆特に使う気なかったのですが、疲れないという評判を聞くとちょっと興味出ました!

万年筆の場合、何本用意されてましたか??
壊れやすそうなイメージなんですけど、高くて2本も買えなさそうです(笑)
壊れないか心配

>わぐさん

コメントありがとうございす♫
万年筆は、圧倒的に疲れにくいですよ!

俺も高くて2本は買えなかったので、一本しか購入していないです。万年筆2本持っている金持ちは友人にはいなかったので、万年筆派の友人達も一本でした。
使ってみて、特に壊れやすいという印象はないです。俺は筆圧は濃い方ですが、1年間、万年筆くんは健康でしたw

ボールペンでも書けるようにしておけば、最低限のリスクヘッジにはなるんではないでしょうか??

はじめまして!

来年の新司法試験に向けて、
どのペンにしようか悩んでいたので
すっごく参考になりました^^

今までは周りのほとんどが
SARASA派かジェットストリーム派だったので
どっちかにしようと思っていましたが、
疲れにくいと聞くと心が動きます。

わりとすぐに慣れましたか?

法務省が刑事訴訟法の誤植(だと思うが)の謝罪発表しましたね!

ちなみに、万年筆興味ある人、ペリカンもかなりいいですよ。ちょっと高いけど、1万くらいからあるから、試し書きしてみて!v-8

>たかジョージさん

コメントありがとうございます♫

SARASA派も結構多いですよね。個人的にはSARASAは引っかかる感じが苦手ですw

万年筆は一度は試してみると良いですよ!
近くに万年筆派の友人がいると、借りて試してみたら良いと思います♫

慣れるのには、結構時間がかかりました。買った当時(ロー3年春)には、たまにしか答案を書かなかったこともあり、2,3ヶ月以上慣れませんでしたw
頻繁に使うのならば、1ヶ月くらいで慣れるかもしれないです。

>慶應がけっぷち三振目さん

法務省、発表しましたね!
誤植って新司法試験でありうるんですね…。

ペリカンですか!
ペリカンの中で具体的に、おすすめの物ってありますか??
教えていただけると嬉しいです♫

http://www.ippitsukan.com/product/pelikan-PE01-400.html

定価3万もするんですが、書き味はすごいです。
是非受かって修習生になられたらご購入ください☆

>ありがとうございます♫

さっそくの返信ありがとうございます!

修習生になったときか弁護士になったときに、カッコ良く高級万年筆を使いこなしたいです!
参考にさせていただきます♫

僕もパイロットの742使用したのですが本番の用紙との相性は最悪でした。
疲れないことが万年筆の一番のメリットなのに本番の用紙では滑りが悪く疲れがいつもの倍以上でした。
途中でボールペンも試しましたが普段から万年筆を使っていたので慣れず、結局相性の悪い万年筆で書きました。
コンサルさんは同じ万年筆なのに相性が良かったとのことなので人によって感想が違うようですね。

後輩に万年筆はやめておけとアドバイスしていたのですが 人によると付け加えておきます。

ども!

自分はセーラーのスタンダード21って万年筆を使っていました。
ただ自分は確かに疲れにくくなったものの、書くスピードは逆に落ちました(笑)
なぜなんでしょうか?筆圧が強いので万年筆が合わないんでしょうか?

本番では1日目と2日目は疲れないように万年筆を使いましたが、3日目はジェットストリームのボールペンでした。
自分は明らかにジェットストリームのほうが書くの速かったです。本番の紙にも合っていた気がします!

賛否両論なんですかね。
ただ、僕も同じ万年筆をつかっているので、インクとの相性は悪くないみたいでよかったです。

やはり両方でかけるようにするのがぶなんですかね。とうれんでは、科目ごとに使い分けてみようとおもいます。

>通りすがりさん

まぢっすか!?
貴重なご意見ありがとうございます!
俺も、自分が相性が良かったもので、後輩にも「万年筆最高!使ったことないのは残念すぎる」とかチョーシにのってアドバイスしてましたw

人によって、同じ万年筆でも、人によって相性の善し悪しってあるんですね!
記事でも追記しておきます!
ナイスなアドバイス、どうもありがとうございました。

>kentさん

そのセーラーは使ってみて、後輩におすすめしたいですか??

どうやら、人によって違うみたいですね。
筆圧や書き方の癖などが関係してくるのかもしれないですね。

俺も、最初のうちはジェットストリームの方が速くて、「疲れてきたら万年筆」という使い分けをしてました。
ただ、慣れてくると万年筆の方が速くなりました。

個人的には、ペンごとに書き方が違うことが速く書けるか否かのポイントだと思ってました。
ボールペンでは、力まかせに、書きなぐるイメージで、特に時が崩れず、かつ速く書こうとすると、紙とペン先が接触する時間が少ない書き方でした。
他方、万年筆では、紙とペン先が接触する時間を長めにとるイメージ(流れる)イメージで書くのに慣れると速くて上手く書ける気がしました。

>たかさん

通りすがりさんのコメントによると、同じ万年筆でも人によって本番の紙との相性は異なるようです。

そうすると、ボールペンでも万年筆でも、速く書ける訓練をしておくのが良いと思います!
実際、俺は本番の日まで、どっちで行くかは本番の感覚で決めようと思っていたので、両方で練習していました。

万年筆に慣れるまでには、結構時間がかかるので、万年筆で速く書けるようになるまでは万年筆重視。その後は両方使って、どちらでも書けるようにしておくのがベストかもしれないですね。

自分としてはおススメできませんが(いまいち合わなかったので・・・)、同じモデルを使っていた友人2人は、疲れないし書くのが早くなったといっているので、一般的にはおススメしてもいいのではないかと思います。
書き味は非常になめらかで、自分もそこは気に入っています。

>kentさん

なるほど…
貴重な情報提供ありがとうございました♫

択一、無事に通過しました!

万年筆

こんにちは。
私はカスタム74(742より若干小さい)のペン先EF(極細)と、ペリカンのスーベレーンM400を使ってました。
devilsadvocateさんのおっしゃるとおり、万年筆はペン先を滑らすように書けば速く書けますね。
私の場合、ボールペンと比べてあまり速さは変わりませんでした。
万年筆で速く書くためには慣れが必要なようですので、引き続き万年筆を使って慣らしています。
9月から答練でまた使うことにならなければよいのですが(笑)


>daytonaさん

返信遅くなり、申し訳ないです。

ご使用の万年筆、参考にさせていただきます。
その2本だと、どっちの方がよりおすすめですか??

そうなんですよね。
万年筆って独特の書き方に慣れないと速く書けないんですよね。

今、ならしているのが来年の司法試験ではなく、修習で生きるといいですね、お互いに♫
相互リンク募集中!
相互リンクしていただける方は、コメント(非公開も可)下さい。
このblogはリンクフリーです
プロフィール

devilsadvocate(弁護士 若林 翔)

Author:devilsadvocate(弁護士 若林 翔)
・平成23年新司法試験不合格(2300位)
・平成24年司法試験でリベンジできていることを願っていた
・同年司法試験合格
・66期司法修習生
・弁護士(東京都新宿区)
・選択科目は国際私法
・慶應LS(既習)卒業(2011年)

【速読】
SP速読学院で速読やってます。復習速度は速くなりました。
無料体験、お勧めです♫

SP式法律/資格試験速読


速読ブログ始めました。
速読勉強法模索ブログ~速読マスターへの道~


【twitter】
フォローしてくれたら泣いて喜びます♫

↓ Let'sクリック&フォロー
Twitter Button from twitbuttons.com

右下に「つぶやき」を掲載中

お酒と共に楽しい一年間を過ごした結果、勉強がおろそかに…。
そこで、今年一年間は勉強すると決意。
その記録をこのブログに綴ろうと思う。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
おすすめ、勉強法関連の本
スポンサードリンク
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSリンクの表示
おすすめ、使用教材!
おすすめ!ブログ
傭兵弁護士のお茶目な法律相談ブログ 〜和解してやる!〜
僕の弁護士ブログですね。超おすすめです。息抜きにねw
新・単なる勉強記録
(新試2位の方)
masoブロ
(上位合格者、記事充実)
吉野勲の‘For Big Step’
(伊藤塾講師、情報満載)
ボクのべんきょう日記
(すばらしい企画満載!my respect)
新司法試験ブログ検索
&応援
↓バナークリック後、「司法試験」をクリック!
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 資格ブログ 司法試験へ

予備校
↓3倍速インプット講座では、新司法試験用の論証パターン(工藤講師オリジナル)が付いてる!
twitter
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
SP速読学院
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。