3倍速論証読み込み講座

スポンサーサイト

にほんブログ村 資格ブログ 司法試験へこのエントリーをはてなブックマークに追加




上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


目次ページへ

↓ポチっとクリックお願い致します♫
にほんブログ村 資格ブログ 司法試験へ


応援ありがとうございます。
面白い記事、参考になる記事が書けるよう、努力いたします。

新司法試験論文過去問分析(刑事系)

にほんブログ村 資格ブログ 司法試験へこのエントリーをはてなブックマークに追加




新司法試験論文過去問分析(刑事系)
※明日完成予定です
→すいません。もう少しかかります。

※追記
この記事を、LEC講師の工藤先生のブログに紹介していただきました。
ありがとうございます。

なお、他科目の分析については、「カテゴリ」の「論文勉強法」に収録しております。
分析を読む際の注意点については、こちらをご覧下さい。

以下、本編。

第1、刑法

1、出題論点分析

ピクチャ 6
※旧試との関連性を追記しました。
旧試からめっちゃ出てるよ~♫


2、配点分析
1、総論
・論点ごとの配点ではなく、行為ごとの配点のようなおおざっぱな配点がなされている。特に、学説や事実評価による結論の差異が、後に出現する論点を変える問題では顕著である。
・ただし、考査委員のシナリオがあり、それに乗るか否かでは点数が大きく異なる。これは、妥当な結論(と考査委員が考える)をとると現れる論点を積み重ねるからである。

2、各論
(1)重要ポイント
・一番大事なことは、出題趣旨を見抜き、それに乗ることである。そのフレームを捉えることができれば、沈むことはない。また、知識の正確性も重視されており(というよりも前提)、趣旨規範本レベルの知識は抑えておく必要がある。
 →KFSを見抜くこと!問題ごとに、この事実の処理能力を問いたい、この法的問題の理解を問いたいなど、考査委員が考えたテーマがある(約2~3個)。これを外さないことが重要!
・次に、法律論において理解を示すことである。09、10のような複雑型では特に顕著で、基本的な理解を示せれば、それだけで高得点となる。
 メイン犯罪については、構成要件要素の全てについて、文言→定義(→規範)→あてはめというプロセスをたどるべきである。その中でメイン論点については、基本(本質)から簡潔に論証することが求められている。
・また、事実についての配点も高い。特に、事実重視型(06,07)の問題では、重要な事実に対して適切な評価ができているかが点数を大きく分ける。また、事実をたくさん拾った方が点数はのびそうである。中位答案から上位答案へ飛躍するには事実評価がポイントになるだろう。

(2)加点(上位になる要素)
 罪数、細かい論点や犯罪についても点数がふってある。また、細かい事実を自分なりに評価できているとそれも加点になる。
 具体的に考えていることをアピールする。対象物(被害額)や被害者(占有者、所有者)、共犯の成立する範囲などについて、具体的に(細かく)検討できれば高得点。
 特に事案の特殊性について適格に評価あてはめできれば高得点。
 MECEを使った事実分析や、緻密な論理展開(プロセスを飛躍させない、また、あえて、1ステップかませる)があると答案が光る。
 これってどうなの?という未知の論点(メイン以外)につき、自分なりに問題を提起し、論証をすると光る。ただ、積極ミスを引き起こすリスクがあるため、これをやるには基本の理解を徹底させなければならない。
 論理的一貫性や、前後の繋がりを意識した答案。全体像が見える答案。

(3)やってはいけない死因
・法律論についての積極ミス、基本知識や理解を疑われるような記述。不自然な事実認定。結論ミス。論理破綻→これらがあるとその配点部分はほとんど点数がつかない。
・途中答案、時間切れによる淡白な答案。→前述のごとく、構成要件要素の定義、規範、事実の評価に配点があるため、ここを省くと点数が来なくなる。

3、対策
①旧試レベルの論点抽出能力
②趣旨規範レベルの知識
③事実認定能力(合格に不可欠とまではいえない。出来れば上位)

・対策のイメージ図(上位答案目標)

ピクチャ 5

ミニマムは上記①②で十分。


第2、刑事訴訟法

1、出題傾向分析

ピクチャ 7
※追記;優秀なブレーンから調査結果が返ってきました。

うすうすは勘づいていたが…
百選と重判から出過ぎ!!!
刑訴は、趣旨規範ではなく、直接百選&重判を読むことにします!

ちなみに、百選と重判は、背表紙を裁断して(1冊100円くらいで業者がやってくれる)、穴をあけてルーズリーフに一元化しております。
また、裁断したあとはスキャンしてpdfファイルにしてPC(愛するMacBookAir)に取り込んで、いつでもどこでも見られるようにしております。
(作業は好きで、既に終わっているのに、ほとんど読んでいないという悲劇w)

2、配点分析
(1)法律論
・他科目よりも法律論への配点が高い。ここで積極ミスがあると評価が低くならざるを得ない。捜査のフレームや伝聞or非伝聞などを間違えると一気に点数が下がる。
 また、条文の文言が重視されている。明文がなければ、それも指摘すべき。文言解釈の姿勢が重要となる。また、原則修正パターンや、判例の規範が導かれる理由を趣旨・原則から簡潔に論じることが大事。
 とはいえ、コンパクトに論じる必要がある。基本の理解が伝わるコンパクトな論証を心がける。事案と関連性のない一般論は不要。
・憲法の条文や、令状主義などの大原則には触れるべき。
・論理の緻密性にも配点があると思われる。丁寧に論理を紡ぐこと。分かりやすい三段論法で書く方が良い。
・他科目に比べて配点が細かい。明らかに適法な職質なども条文の文言にからめて論じる必要がある。具体的には、文言、事実、評価をコンパクトに論じる。
 また、伝聞例外要件などは全ての要件にあてはめる必要がある。
・法律論で、基本的な理解を示すことが重要。試験委員は、当たり前の論点を「単に記憶」ではなく「理解」しているかを見たいのだと思う。
・必要性・緊急性ではなく、具体的な判例の規範を書いた方が点数が高い。
・下位規範をたてると点数up

(2)あてはめ
・しつこいくらい丁寧にやるべき。評価が大事。
・重要でなさそうな事実もうまく使えれば加点(無理は禁物)
・事実を分析的に捉えることが大事。MECE的な場合分け、分析。

(3)死因
 捜査のフレーム(条文ミス)、伝聞か非伝聞かを誤る(伝聞には答えがあるので注意)、伝聞例外の条文ミス。

関連記事


目次ページへ

↓ポチっとクリックお願い致します♫
にほんブログ村 資格ブログ 司法試験へ


応援ありがとうございます。
面白い記事、参考になる記事が書けるよう、努力いたします。

コメントの投稿

Secret

相互リンク募集中!
相互リンクしていただける方は、コメント(非公開も可)下さい。
このblogはリンクフリーです
プロフィール

devilsadvocate(弁護士 若林 翔)

Author:devilsadvocate(弁護士 若林 翔)
・平成23年新司法試験不合格(2300位)
・平成24年司法試験でリベンジできていることを願っていた
・同年司法試験合格
・66期司法修習生
・弁護士(東京都新宿区)
・選択科目は国際私法
・慶應LS(既習)卒業(2011年)

【速読】
SP速読学院で速読やってます。復習速度は速くなりました。
無料体験、お勧めです♫

SP式法律/資格試験速読


速読ブログ始めました。
速読勉強法模索ブログ~速読マスターへの道~


【twitter】
フォローしてくれたら泣いて喜びます♫

↓ Let'sクリック&フォロー
Twitter Button from twitbuttons.com

右下に「つぶやき」を掲載中

お酒と共に楽しい一年間を過ごした結果、勉強がおろそかに…。
そこで、今年一年間は勉強すると決意。
その記録をこのブログに綴ろうと思う。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
おすすめ、勉強法関連の本
スポンサードリンク
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSリンクの表示
おすすめ、使用教材!
おすすめ!ブログ
傭兵弁護士のお茶目な法律相談ブログ 〜和解してやる!〜
僕の弁護士ブログですね。超おすすめです。息抜きにねw
新・単なる勉強記録
(新試2位の方)
masoブロ
(上位合格者、記事充実)
吉野勲の‘For Big Step’
(伊藤塾講師、情報満載)
ボクのべんきょう日記
(すばらしい企画満載!my respect)
新司法試験ブログ検索
&応援
↓バナークリック後、「司法試験」をクリック!
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 資格ブログ 司法試験へ

予備校
↓3倍速インプット講座では、新司法試験用の論証パターン(工藤講師オリジナル)が付いてる!
twitter
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
SP速読学院
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。